投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

5年ぶりのカスタードアップル

イメージ
そう、あれは5年前。インドに来て2か月ちょっと経った頃でした。
インドの洗礼をたっぷり受けた私。

そして、その原因がカスタードアップルにちがいない(!)と言われて
以来、カスタードアップルをずーーーっと避けていた私でした。

先週末、よく手土産と一緒にやってくるヨガの先生が、
またもや紙袋を手にやってきました。

手渡された紙袋は思いのほか重い。
な~んだろ~な~、とワクワクしながら中を覗くと、、、、
カメさんの甲羅のようなあの懐かしいカスタードアップルが!!



うっ、と思わず引いた私。
職業柄細かな反応にすぐ気づくヨガの先生。

一連の出来事を説明。
爆笑されて (あのときはとても笑えなかったけど...😿)、
こんな美味しいものを。食べなきゃだめだ、と。

そうですか、、、。
かなりためらったものの、押しが強いヨガの先生。
おとなしくいただきました。

ん、、、おお、お・い・し・い。
サンキュー ヨガティーチャー。
カスタードアップル恐怖症解消いたしました!





よろしければポチっとお願いいたします↙

オーダーメイドのシャツ完成!

イメージ
前回のエントリで書いたオーダーメイドシャツが完成~!
仕立て、インドでは珍しいプロ級です。



注文票はこんな感じ。いろいろなオプションがつけられます。



主人はポケットにモノグラムも入れて、
プラケットも襟ぐりと同じファブリックで、
そしてガセットも。
本人大満足!



バンガロールにお住まいの皆さまへ。
場所はこちらです。CMH Rd の Au Bon Pain のすぐ横です。





よろしければポチっとお願いいたします↙

ヒップなオーダーメイドシャツ専門店

イメージ
ここインディラナガールにオーダーメイドのシャツ専門店がオープンしました。
ムンバイ出身のこのお店。その名も「Bombay Shirt Company」。

2012年にオンラインストアとしてオープンしたこの会社。
最近になって店舗をムンバイに2軒、バンガロールに1軒、そして
近々デリーにも1軒、オープンするのだそうです。

ご近所さん。早速行って注文してきました。
ここでは私はシャツを着る機会がないので、まずは主人用を (^o^)。

外装なかなか。インドっぽくな~い。
ボタンのドアノブがかわいい~!


内装もイケてる。ちょっと表参道にあるプチブティックみたいです。
1階が男性用、2階が女性用 (興奮して写真撮るの忘れました...^o^;)
※上のリンクを貼ったサイト上に店内の写真が出てま~す。

そして何と言っても店員さんと会話がまともに通じる!  これは大きいです!

さて、注文。
まずは、100以上のファブリックから好きな素材、色、パターンなどを選びます。


仕上げのスタイルを選びます。袖の長さ、ボトムのカット、襟の形などなど。


シャツにいろいろな装飾もできます。例えば、襟だけファブリックを
変えたり (中側を変えたりもできる)、襟ぐりにパイピングを入れたり、
袖口のデザインを変えたり、などなど。

面白いのは、いろいろな装飾をつけても、特別なものでない限り
お値段はファブリック毎に決められた金額で一律。

すべて決めたら、採寸。

効率よくささっと注文できます。
10日ほどでシャツは完成するとのこと。楽しみ~。



よろしければポチっとお願いいたします↙

エクセル大好き

イメージ
私は数字が大好き。
エクセル大好き。

コスト計算、粗利、KPI を含めた計算などなど。
過去私が携わってきたお仕事はすべてこんなことが絡んでいました。
なので、エクセルとは大のお友だち。
何かというとエクセル~~!となるのでした。

      Bing Image 上の著作権フリー画像より転載
「インドの森」の販売価格もすべてエクセル君の手を借りています。
原価があり、そこに経費や労務費や人件費を足す。
ちなみに間接経費などは入れていません。そこは粗利でカバー (^o^)

もちろん私の通常の人件費を入れると「えっ?」というお値段になってしまうので、
ここはインド専用のひく~~い人件費を入れます。

作業内容によって人件費にも差異をつけます。
たとえば、撮影設定+撮影、画像加工、サイトへのアップと説明文
入力、受注管理、発送関連の諸業務などなど、それぞれ単価を変えて
います (でないと、とんでもない金額になってしまうから)。

エクセルにいろいろな計算式と数字を入れ、調整し、まあ納得、という
ところで定価を決めます。

品物によっては粗利を入れてもコストをカバーできないものもあります
(小さなものでコストをカバーしきれる値段がつけられないものなど)。
そのあたりの損失は、別のものの粗利をちょっと多めにしてカバーしています。

あとは為替ですね。
2016年に入ってから軒並み INR 安が続いているので、この変動への対応は
難しく、半年に一度の平均値を使っています。

そして、もちろん市場の値段というのもあるので、そのあたりも加味します。
が、「インドの森」のお値段は市場のバランスを崩さない程度に
割安になっているはずです (^o^)。

あっ、ちなみにオリジナル商品については、上記の計算とちょっぴり
違いますが、それは機会があったら公開します。

ちなみに、「インドの森」ではどんどんオリジナル商品を手掛けていく
計画です。時間がかかっていますが... (^_^;;
インドは耐えられないほどのこともたくさんありますが、よいものも
たくさんあります。そんな「よいもの」を集めた商品を作っていきたいな、
と思います。

IT 業界からがんばって転業。応援お願いします m(__)m


よろしければポチっとお願いいたします↙




「インドの森」夏場所オープンです!です。

オリジナル商品「生アムラパウダー…