投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

イメージ
4月の後半だったか、お尻から腿の裏にかけて痛みが走り始めました。
米国にいるときにもあったので、あーまた再発か、と
気軽な気持ちで毎日ヨーガに励んでいたのですが、
ヨーガの先生に相談すると、病院へ行きなさい、と...
(実はインドの病院大嫌いなんだけど...)。

仕方なく病院へ行き、挙句の果てには MRI を撮り
(初めての MRI はあまりに心地よく眠ってしまいました!)、
分かったことは、案の定、椎間板ヘルニアでした... :(

さて、すごく丈夫な私がヘルニアと診断され、だいぶ
ショックだったのですが、基本的には「正しく」動かすことが重要。
お医者さんいわく、前屈はダメ、ヘッドスタンドもバックベンドもダメ、
ということだったので、それらをヨーガの先生に説明し、
5月から今日に至るまでリハビリに励みました。

そんなとき、最近バンガロールで「東京ニュートラル指圧」
開業された山下さんから教えてもらったことがとっても役に立ちま
した。それは、仙腸関節!!

そんなものの存在すら知らなかった私には画期的な情報で、
調べてみたら、英語では略して SI Joint (sacroiliac join) というらしく、
さまざまな運動があるではないですか。
この関節は可動域が少ない割に、結構重要な役割を果たしている
とのこと。私のヘルニアの箇所 L5/S1(仙骨) にも繋がっていて、
ここを潤滑にすることは大切! と自覚したわけです。

そこで、ネットで調べた運動を朝に取り入れ、夕方はヨガ、と
さらなるリハビリに励みました。
坐骨神経痛はまだほんの少しありますが、前のようにくしゃみを
すると痛い、とか、ベッドから起き上がるのに苦労する、などと
いうことはなくなりました。

あと、椎間板と診断されて初めて自分で気づいたことは、
右臀部の筋肉が動かなくなっていたこと。
自分ではきっちり動かしているつもりが、まったくピクっとも
動いていなかったのです。これには私もびっくり。

それからというもの、山下さんのニュートラルワーク+
チェタン先生のスパルタヨーガ (といっても個々の身体の状態を
踏まえてのスパルタで、「No Pain No Gain」の思想に基づいて
いるのですが ^^;)に励み、今では両方ともにきちんと筋肉を
コントロールできるようになりました
(もちろん、ヒップアップにも…

B.K.S. アイアンガー氏の死

イメージ
ヨーガを西欧諸国に広めるのに大きく貢献した
あのB.K.S. アイアンガー氏が8月20日に他界してしまいました。
96歳と高齢だったので仕方がないのですが、
Puneに行って一度はヨーガのプラクティスをしている
アイアンガー氏の姿を見たかった私としてはとっても残念。

私のヨーガの先生のお父様は、Puneのアイアンガー氏の道場に行き、
そこでアイアンガー氏が一日に何度もヨーガをする姿を
拝見することができた、とのこと。
ひとつのアサナを長い時間をかけてじっくりとこなしていたのだそうです。

幼少時代に身体が弱く、一時期は動けないほどの重症だった
というアイアンガー氏が、ヨーガと出合い、
いろいろな人へと教える中で自分なりの教授法を身に付け、
それを世界へと広げていった。
プロットを多用し、身体に無理な負担をかけずに、
アサナをしていく中で一番重要とする「アライメント」に意識を置き、
古くから治療の一部であったヨーガの原点に根付いたプラクティスを
推奨していました。
私のヨーガの先生もアイアンガー流派ですが、
同じ哲学の基でヨーガを教えてくれています。
アイアンガー氏の死は彼にとっても大きな衝撃だったようです。

アイアンガー氏は他界してしまったけれど、
彼がどこかのビデオで語っていたように、
彼の教え、そしてその教えから更に成長していく教えで
ヨーガはこれからも行き続けていくことでしょう。

R.I.P. アイアンガー。





↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪