投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

IIMB: やっとの卒業!

イメージ
この年になって学校に行くとは思ってもいませんでしたが、
IIMB (Indian Institute of Management Bangalore) には多々 興味深いプログラムがあり、友人の紹介で入学したのが今年3月。
私が受けたのは Entrepreneurship のプログラムで、 自分で起業した人や家族代々引き継がれたビジネスを任された 人たちが参加するプログラムです。
私の場合は、前者。米国の Yahoo! を去ってからはほとんど コンサルティングしか行っていなかったのですが、このインドで やりたいことがあり会社を設立。今回のこのプログラムは、 ミニMBA的で、ファイナンスからストラテジーまですべてをカバー してくれるため、起業家には役立ちます。
一番の収穫は何といってもネットワーク。 天下のIIMBには、すばらしい教授陣が揃っている点。 そして、クラスメートは起業家でありお金持ち :) また、IIMB には NSRCEL という組織が存在し、 起業家を全面的にバックアップするサービスを提供しています。 インキュベーションプログラムもその1つですが、 プログラムに入らなくても Mentor (助言をしてくれるプロたち) から 意見をもらうことができます。
3月から12月までの短いコースですが、それでも月に1回 4~6日の学校。この間は終日授業や課外活動です。 そして12月21日、やっと卒業いたしました。
卒業式に招待されたIIMBの卒業生であるスピーカーの 言葉は印象的でした。 ビジネスを成功させるのに大切なことは3つ: 1) Cash Management 2) Risk Management 3) People Management 確かに、納得!!
兎も角、卒業ばんざ~~い!!


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪



勘違い大のインド英語

イメージ
ある程度教育を受けたインド人は大抵英語を喋り
ますが、インド英語は訛りだけでなく単語や表現も "フツーの英語" とは異なるのでした。
たとえば笑い話で、会社でコンサルの仕事をしていた とき、ある人が "Let's meet in a cabin around noon tomorrow" と。 ん?? キャビン? 私をキャビンに誘ってる??? と困惑。近くなのか、 と安直な質問をすると、実は単なるミーティングルームのことだったり。 ほっ。
そして、先日学校での会話。 Aさん: How was the meet? 私: What meat?  (meat = お肉) Aさん: You had the investor's meet, right?  私: Investor's meat?  I didn't eat an investor... と自分の考えを反芻しようとして やっと meet = meeting であることが発覚。
このほかにも表現が異なるものがたくさん。 Please do the needful は、please do what you need to do.  Do you have doubts? (大抵冠詞抜き) は do you have any questions? I will revert back to you は、I will get back to you.  Where do you stay? は、where do you live? Where are you put up? は、where are you currently staying?  I am done with updation は、I am done updating.  Are you shifting? は、are you moving?  etc etc....
とまあ、多様なわけでした (^^;
そして最近大笑いしたのが、こちら。
初対面の方が私に、”Do you have issues?" と聞いてきました。
これまた冠詞抜き。Issues??? 突然なぜ? とまた困惑していたら、 これは子供がいるか、という意味なんだそーです (^^) 法律用語から派生したんで…

究極ヘルシーフード:バナナの茎!

イメージ
先日お店で妙な筒のようなもの (↓) を旦那が発見。
バナナの茎と知り、買ってみました。

帰って調べてみると、バナナの茎は非常に健康によろしい
ことが発覚。以下のような効能があるそうです:

- インスリン増強
- ヘモグロビン増強
- 1週間に一度食べれば高血圧防止に
- 体内の水分バランスを保つ
- 利尿効果があり、体内デトックスにも効果大
- 尿路結石防止
- 腸のお掃除

すばらしい! 調理方法は簡単。

用意するもの:
バナナの茎の芯の部分 1本
玉ねぎ1個 くし形切り
トマト1個 適当に
ガーリックジンジャーペースト 大さじ1
(あるいは、新鮮なガーリック3欠片ほどとしょうが少々を
使っていただくほうがベストです)
塩、胡椒、水 少々

*スパイス一式
ガラムマサラ 少々
マスタードシード 小さじ1
カルダモン 少々
クローブ 少々
サンバーマサラ 少々

作り方:
1) バナナの茎の外側の硬い部分を指で左右に押してながら
剝き取ります。
2) 輪切りにして、水にしばらく漬けます (本来はヨーグルトに
漬けるとよいらしいです)。

3) 圧力鍋に油を入れ、そこにマスタードシードを投入。例の
ごとくプチプチしてきたら、玉ねぎを投入。しっくりブラウンに
なるまで炒めます。
4) トマトを投入し、ガーリックジンジャーペーストを交ぜます。
5) トマトがしんなりしてきたら、スパイス一式を交ぜます。
6) 具がひたひたになるまで水を入れます。
7) 塩とこしょうをお好みで。
8) 圧力鍋の蓋をして、ウィッスルが5回ほどなるまで待ちます。
9) 圧力弁が下がったら蓋を開け、必要に応じて水気をとばす
ために煮込みます。このとき、味付けも調整してください。

ちなみに、お味ですが、竹の子と大根とセロリーを交ぜたような感じで、
私的には最高でした。
繊維度が高いため、腸のクリーニング (^^) に効果がありますし、
つまりのところ減量を試みていらっしゃる方にも最適です。

もっと柔らかくなるまで煮込んで潰してマッシュポテトの中に入れたり、
ジャガイモと交ぜてコロッケにしたりしてもよいかもしれませんね。
あるいはスープにも (^^)。


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪



インドで味わう本格派レバノン料理

イメージ
突如また身内に不幸があり、またご無沙汰してしまいました。
2013年は本当によろしくない年となりました。
が、もうすぐ終り。がんばります。

さて、バンガロールには続々と国際色豊かなレストランやカフェが
オープンしていますが (長いこと騒がれていたスタバもやっとこの
バンガロールにオープンしました...^^;)、
数ヶ月前にはちょっとだけ高級なレバノン料理店もオープン。

Byblosというこのレストランの自家製ピタとハマスはとってもイケてます♪
また、自家製バクラヴァも多種揃っていて、
キッチンを見学させてもらいましたが、プロ級のこだわりを
感じました。甘さも控えめ、最高です!


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
バンガロールにお住まいの方は是非お試しを。
デリバリーもしてくれます。
Byblos : 100ft Rd 沿い、CMH と Old Madras Rd の間です。
http://www.zomato.com/bangalore/byblos-indiranagar
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


あと、ちょっと最近気になっているのが、
100 ft Rd の例のPinkberry (残念ながらフルーツ
の種類がイケてないのでしたが...)の
お隣に着々と工事が続いているレストラン。
外装からして日本食屋か韓国系のレストランに
なるのかなぁ、と (ちょっとワクワクです)。







↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪