投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

ワイン好きには必須:エアレータ

イメージ
LA にいたときには持っていたものの、
引越しと共にどこかに隠れてしまったワインエアレータ
(a.k.a. Breather)。

ここインドのとあるレストランでまさかの出合い。
欲しくて溜まらず、思わず購入してしまいました。
これは赤ワイン好きの私みたな人には堪らない一品です。

インドでは通常安いワインでもとんでもない値段がついているため、
比較的安めのインドワイン (安いものでも1ボトル1,300円はするので
バカになりませんが) をいただくようになった私たち。
結構お気に入りのブランドもできたのですが、
やっぱり高級ワインとはわけが違います。

開けたばかりのワインはどうしても酸味が強かったり
アルコールの味が鼻にツンとついたりするものです。

ところが、このエアレータを使うと!
と~~~ってもまろやかなワインへといっきに大変身。

先日旦那の誕生パーティに来てくれた人たちにも試飲して
もらいました。目隠しをして、ひとつはそのまま注いだワイン、
もうひとつはエアレータを通したワイン。

皆が正解~!  全然味が違う、と驚きでした。

インドでは入手に時間がかかりますが、一応オンラインで
購入可能です。私は日本のオンラインショップで購入
して持ってきていただきました (^^)。

ワイン好きな方は是非お試しを~。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪




ちょっぴりお洒落 Anglo-Indian レストラン

イメージ
Anglo-Indian (アングロインディアン) という表現を聞かれた方は
多いかもしれませんが、これは元々はインドに駐在していた
イギリス人に対して使われていた表現とのこと。

それが、その後、イギリス人の男性とインド人の女性との間に
生まれた子供に対して使われ出し (Anglo-Indian と呼ばれだす前
は Eurasian と呼ばれていたらしい)、さらにはイギリス人だけでなく、
ヨーロッパ人とインド人の間に生まれた子供またはその子孫に
対しても使われ出したようです。

パルシーたちのように独自の文化(料理も含め) を代々伝えてきた
Anglo-Indian。私の住む町にも Anglo-Indian のレストランを発見!

外装も内装もインドっぽくなく、とってもよい雰囲気。
その日は暑かったので、1階 (つまり2階) のエアコンの効いた
部屋で食事をしましたが、2階と3階にはオープンエアの
ダイニングも設けられています。

Anglo-Indian のお料理は、西洋料理にインドのスパイスを利かせ
たもの、インド料理に西洋のスパイスを加えたもの、ココナッツ
やアーモンドをふんだんに使ったもの、と、いわゆる創作インド
料理のような感じ。辛さも比較的抑え目で日本人には食べやす
いように思えます。


結構気に入ってしまった私たち。
先日行った旦那の誕生パーティでもケータリングでお願いしちゃい
ました。ちなみに、ケータリングサービスもばっちり。是非お薦め
です。



バンガロールにお住まいの方は是非お試しください:
Bows Barracks
618/1, Opp Just Bake, 2nd Main Rd, Hoysala Nagar, Indiranagar
080 30412940 ext:536

Zomato: http://www.zomato.com/bangalore/bow-barracks-indiranagar



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


MBA ご用達の英語フレーズ

イメージ
今となっては米国はMBAだらけでは、と思うほど
MBAの人気は高まっています。 Yahoo! で働いていたときも、周りはほとんどが MBA。
MBA で学習した内容が実際のビジネス現場でどの程度 役立つかは別として (業種にもよりますし、もちろん人にも よります)、やはり学問・知識としてビジネスを理解できる のは MBA ならでは、でしょう。
MBA が最も多く使う英語のフレーズというのを見つけました。 何と、自分もよく使うフレーズだらけ。多分 Yahoo! 時代に周りが 使っていたので、使い始めたのでしょう。
たとえば、
"Let's discuss it offline"
この Offline は別に「インターネットを使わない」とかいう意味では なく、あとから「別の場所で」、「もう少しプライベートな場所で」、 という意味で使われます。友人同士の会話でも使えるフレーズです。

それとか、
"Do you have a bandwidth to work on it right now?" 
これは、データ通信の bandwidth (バンド幅や大域幅) のことではなく、 自分たちの許容量をさします。つまり、上の質問は、今何かの作業や 仕事をするだけの時間と余力があるか、というような感じです。
というわけで、フレーズ集、ご興味ある方は覗いてみてください。


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪