投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

インドの交通ルール基本七か条

イメージ
1. 後続車が右側から追い越そうとしている場合は、
少しずつ右側に移動し、後続車を妨害するべし。
相手がクラクションを鳴らしても無視すること。

2. 前方をいく車を追い越す場合は、クラクションを
鳴らしまくり、右側からまずは試すべし。相手が妨害して
きたら、クラクションを鳴らし続け相手の出方をみること。
相手にどく気がないと判断した場合は、左側に即座に
移動し、左から試すべし。相手が左に移動し妨害してきたら、
クラクションを鳴らし続け、成功するまで左右両側から
試し続けるべし。

3. 複数レーンの道から右折する場合は、一番右側
ではなくて、中央レーンあるいはその左側のレーンから
方向指示を出さずに、直進しようとする後続車を妨げ
ながらぐいぐいゆっくりと右に寄せ右折を試すべし。

4. 歩道は車道の一部。思いっきり乗り上げて駐車す
べし。

5. 大通りに向けて後退する際は、バックミラーを確認
せず、少しずつバックしはじめるべし。その後、人がい
ないかなど注意するために、自分の目で後方を確認する
のもよし。人がいたら、当たっても痛くない程度の速度で
後退すれば、人は大抵どくので、気にしてはいけない。
大通りを通る車に関しても同様。相手が進んできても、
後退すれば、止まるはずであるから気にせず後退すべし。

6. 優先道路が不明な信号なしの交差点では、交差する
道路から車が交差点内に入ったことを確認したら、徐行
せずにアクセスを踏んで突進すべし。最初にブレーキを
踏んだほうが負け。がんばろう。

7. 歩行者が信号なしの横断歩道の前で立っていたら、
アクセルを踏み、クラクションを鳴らして、スレスレのとこ
ろを勢いよく突っ走るべし。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

バンガロールにデリー?

イメージ
我家のある Indiranagar には、最近軒並み新しい店舗が
開店しまくっています。
歩道さえよければ、原宿っぽくもなるのになー、と残念な私...。
残念すぎる.......ホントに.....

まあ、それはさておき、最近 100ft Rd という目抜き通り沿いできたのが、
Smoke on Deli というデリカッセン。いわゆる英語のデリー (deli) です!

インドに来て以来旦那がずーーーーっと望んでいたお店"らしき"
名前です。



今日早速行ってみたらまだ開店前とのこと....がっかり。

お店の人いわく (つまり、当てになりませんが...)、
2月25日月曜日に正式オープンとのこと。
サンドイッチだけでなく、グリル関係のお料理も
楽しめるとか。期待大です。裏切られませんよーにー。



バンガロールにお住まいの方へ:

Koramangala から  100 ft Rd に入り北上すること少々。
左手にあります。右手 Staples の前辺りです。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

バンガロールでスモッグ漬け

イメージ
昨年後半テレアビブ大学が NASA のデータ (サテライトから得た
エアゾール量情報) を基に世界189都市の大気汚染を比較。
これによると、何と、バンガロールは世界第2位!!
すご~~~い、って感動している場合じゃありません。
最近の私のとっては、とっても深刻な問題なのでした。

昨年暮れで車とドライバーを引き払った私たち。
最近はどこに行くのにもタクシーかオート (リクシャーのこと)。
タクシーは窓を閉めてもらって、エアコンをかけてもらえば
それでよいのでしたが、オートはそういうわけにはいきません
(窓ないし...)。

オープンカーのようにビュンビュン風を全身に受けて
あーー快適、というわけにはいかないのでした。
何せもの凄いスモッグ。

スモッグは目に見えない恐ろしい有害物、と言われて
いますが、さらに恐ろしいのはココでは「目に見えてしまう」点でした。
信号待ちで止まられたときには、
周りの空気が黄土色にくすんでいるのがはっきりと見えるのでした。
そのスモッグが蒸し暑い空気と混ざってまるで生きてるみたいに
襲い掛かってくるんです。。。オートの中に充満してくるのが
ヒシヒシと感じられるのでした。パニック! 

鼻と口をスカーフでカバーしても無駄。
呼吸しなくちゃいけないし....。
そして咳の連続......。苦しい......。

最近は、朝から咳に悩まされる毎日でした。
このままいったら死ぬ~~~!!  と大人気なく騒いでいたら、
ヨーガの先生がこんなものを買ってきてくれました。


コレで毎日吸入すればよい、とのこと。ありがと~。
がんばってやってみます...........。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪

バターミルクで消化不良解決

イメージ
バターミルク?牛乳にバターを入れるの?
と思いきや、インドでいうバターミルクとは、実のところ
ヨーグルトドリンク的なものでした。

アーユルヴェーダでは、ヨーグルトをそのまま食べることを
あまりお薦めしていませんが、バターミルクは消化不良を
解決する、ということで薦められています。

バターミルクのレシピもいろいろありますが、基本的には
ヨーグルトを水に溶かしたもの、のこと。
アーユルヴェーダのレシピでは、そこにシラントロや
クミンシード、ショウガや、さまざまなマサラを入れて
蜂蜜まで入れるものがありますが、インド人の友人によると、
消化不良のときは超簡易版バターミルクでOKとのこと。

つまり、コップ一杯の水にその約 1/4 ~ 1/3 ほどの量の
ヨーグルトを入れ、完璧に溶けるまでよーーーくかき混ぜて
(ブレンダーを使うとベストです)、必要に応じて塩をぱらっと
入れて完成!
#ちなみに私的には蜂蜜を入れたものが好みです。


胃腸薬なしの消化不良対策。是非お試しを~。



↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


バンガロールでサマルカンド?

イメージ
以前からちょっと気になっていたレストラン サマルカンド。
ウズベキのサマルカンドを訪れたことのある旦那も大変興味を 持っていました。
そこで、わざわざ...バレンタインデーの日に、行って参りました。 通常ならフレンチやイタリアン、または地中海料理で乾杯、という ノリなのですが、ある理由があって (以下参照 ^^) 今年はえーい、サマルカンドだー、と。
が、サマルカンドというから、ウズベキ色べったりか、と思いきや、 ここはやはりインド。カバブもすべて北インド風でした (^^; この日はバレンタインデー特別ディナーメニューでお一人 Rs1,250 と、インドではちょっとお高め。
座るとすぐに、"ちょっぴり"お洒落なブレッドスティックが出てきました (コレは結構いけてました!)。
次はアペタイザー。野菜と肉のカバブが8種類ほどです。
それに付けるためのソース類もこんな感じにお洒落、だけど、 インド風に少しだけお皿の横にタレれています (^^;
その後めインディッシュで、各種カレーが7点+ビリヤニ+ パン類盛り合わせが出て参りました。

最後はデザートで終り。この頃にはもうお腹がはちきれそうな ぐらいにいっぱいで、食べる気もありませんでしたが
さて、何故バレンタインにインド料理だったか、というと、
実は私は大の赤ワイン好き。でもここのところちょっと抑えてみよう、
とずっとワインを控えているのでした。 というわけで、本当はバレンタインはチーズとサラダとワイン、
というのが理想なのでしたが、ワインを避けるためにわざわざ
インド料理にした私。バレンタインにインド料理は二度とないでしょうが。
サマルカンドは雰囲気もサービスもまあまあでしたが、
カバブ以外はそれほど感激しなかった、というのが結果です。
バンガロールの方でご興味ある方は、こちらです:

Gem Plaza, 66, Infantry Road, Bangalore


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


ネゴに失敗したメイドさん

イメージ
インド人はネゴシエーションが上手いのか下手なのか。

先日、12月から雇いだしたメイドさんに1月のお給料を払った
次の日、旦那に対して「約束の金額より少ない」と訴えて
きたとのこと。

実はこのメイドさんは私が帰国している間に、私の友人経由
で紹介してもらい、旦那が月給などを話して雇い始めたわけで
した。

事情を知らない私でしたが、「ふーん、おかしいね。だって
12月の給料を払ったときには何も言わなかったのにね」とつぶやくと、
旦那も当初から月給についてはお互いに納得し、紹介してくれた
友人のところとも格差が出ないように決めた、とのこと。

紹介してくれた友人に連絡し、事情を説明すると、やはりおかしいね、という
ことになる。どう計算しても、彼女がその友人宅でもらっていた
時給よりも高い金額を払っているし。

次の日、Bad Cop の私が (いわゆる Good Cop, Bad Cop です ^^:)
彼女に対して説明すると、「マダム、Sir (旦那) は○○○○ルピー
だと言った」と言い切る。それも、Sir の前で。。。
当然、濡れ衣を着せられた Sir はいい気がしない。

誤解があったのかもしれないので、ココは理論で攻めるしかない、
と判断した Bad Cop = 私。
「よーく聞いて、△△さんのところでもらっていた給料が○○○○ルピー
でしょ。それは4時間分の給料。今あなたは2時間~2時間半しか
働いていないでしょ。時給計算でいけば、Sir が約束した金額より
低くていいはずなのよ」と。

その後も「でも、Sir は○○○○ルピーと言った」と。
それを再度聞いてブチ切れ状態になる Sir。アメリカ人だからとっても
ダイレクト「それは嘘だ。きちんと ●●●●  ルピーで合意したじゃないか」
と。で、私がまた時給のことを説明。

すると、彼女手のひらを翻し、「ok, ok, ok じゃー切れのいい
◆◆◆◆ ルピーでいこう」と。
私の目は点....点.....点
やっぱり単にネゴしたかったのね、誤解じゃーまったくなくって...。
呆れた。

こういうときは強く出るしかない、と決めてる私。
「NO! 先ほど説明したように、すでに多めに払っているのよ」と。
その後も二度同じ問答が繰り返され、私が折れないと判断したら、
「オーーケーーマダーム、That's ok」と。
Th…

バンガロールにもうすぐスタバ!

イメージ
以前から噂になっている話題ではありますが、
いつスタバがこのバンガロールに来るか、と
最近ではExpats の間でも盛り上がっています。

昨年10月後半にムンバイ (ボンベイ) に第一号店が開店。
その後第二号店も開店し、デリーの空港内にも開店。

インドはチャイがメインと思われがちですが、
実は何とインド人は大のコーヒー好き。
もちろん大抵の場合、たっぷりのミルクとお砂糖入りに
甘いコーヒーを飲みます。

さて、バンガロールは、というと噂はあるもののいつに
なるかはまだ不明です。が、最近のニュースによると、
前回のポストで書いた Coorg に焙煎工場を設けて稼動し
始めた、とのことです。

ということは、開店ももうすぐ、でしょうね。
あーーー、早く飲みたい。


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪


Coorg の郷土料理レストラン

イメージ
家から歩いて5分もしないところに Coorg の郷土料理が味わえる
その名も Coorg というレストランを発見しました。

バンガロールと同じカルナタカ州にある Coorg ですが、
文化やお料理には特徴があります。
お米とコーヒーの生産地で有名な Coorg ならではの
お料理を楽しめる、そんなレストランです。
何度となく歩いている Shri Krishna Temple Rd という、
こんな感じのローカルな道沿いにあります。
が、なかなか見つけにくい。
外側はこんな感じです。上のほうを見て歩けば見つかるでしょう。

住宅用建物の屋上階を改装して作られたエスニックな感じ。
ステキな女性オーナーのセンスのよさがうかがえます。

単品料理はなく、ビュッフェスタイルのみ。
ビュッフェには、お米を潰してヌードル状にした Nuputu や、
個人的に一押しの Chilly Pork などが勢ぞろい。
デザートのカスタードプリンとココナッツミルクだけで作られた
プリンも最高でした。


残念なのは、オーナーさんが学校に通っているらしく、
レストランは金曜の夜から日曜の夜までしか開いていません。
ちなみに、土日はランチ(12:30-3:00) もやっているようです。
お値段もとっても手ごろで、お一人あたり Rs 320 ぐらいでした。
バンガロールの方は是非お試しを~。

旦那による TripAdviser 上のレビューも併せてどうぞ~。


↓ よろしければ、ぽちっ、とよろしくお願いします♪