Happy Birthday gG!

8年前、ネコ好きの旦那に説得されてロサンジェルスで
ネコちゃん探しをしだした私たち。
捨て猫たちが収容されているパウンドやら、
ペットショップやらを 1ヶ月ほどかけて数件を回ったけれど、
私は納得いくネコちゃんに出会えずじまい。

とある日、近所のペットショップで、
ネコちゃんの養子縁組コーナーが開催され、
まあ行ってみるか、ぐらいの軽~い気持ちで
向かったところ、一番奥のテーブルに怪しげな檻が...。

他のネコちゃんたちは、檻の中でミャオミャオかわいい
ラブコールを積極的に投げかけているのに、奥の檻には
白いカバーがかけられていて、中が見えない。
ど、どんな恐ろしいネコがいるのか、と
こわごわ覗いてみると、、、
ブルー(時にグリーン) の瞳のとってもかわいらしいネコちゃんが
上目遣いでミャオとこちらを見るではないですか。

一目ぼれってこういうことですね。
もうこの子以外にいない! と、旦那に告白。
こうして gG は我が家の一員となったわけでした。

家に来るなり、突然バタンと横倒れするように
床に転がり、自分の腕で額をすりすりしながら
またまた上目遣いでブラッシングの要求。


慣れるにはしばらくかかるかなぁ、と気をもんでいたところ、
数日後にはこのとおり。もう我が物顔 (^^;

ソファで人が寝ていると、ボンと胸の上に乗ってきては自分がお昼寝。
あー、睡眠盗まれたぁ。。。

胸の上に寝るときは、こうやって前足を私の口の上やあごの下に伸ばす
のが大~~好き。くすぐったいんですが...。

うつぶせで本などゆっくり読んでいれば、背中にももちろんぽこん。
ん、背中が凝っているときはいい感じ。

あるいはこうして一緒に本を読みます、って読めないって...。

米国を離れてチェコに移ってからは、
コンサルの仕事をちょこちょこしていただけなので、
gG と私は四六時中一緒。ず~~っと一緒。
仕事柄パソコンの前に座っていることが多い私
ですが、私とモニターの間にはいつでも gG。
あるいは、こうしてマウスを操る私の腕に頭や胴体を乗せて
きて寝る gG.... あのぉ~仕事しにくいんですけど....。

テレビを見るときは、いつも私の脚の上。
ちょっと離れていても、こんな風に私のどこかに触れてくる gG。

あぐらをかけば、どこからかやってきて、またお座り。

こんなわがままなgG も、ご飯はお行儀よくテーブルから。
(時たまですが ^^;)

もう昔みたいに艶やかな毛並みじゃーないけど、
君はいつまでも私のかわいい息子だよ。楽しい8年をありがと~。
あと1年また一緒に仲良く暮らそうね。でも、
夜中の水コールで起こすのだけはやめてーーー
(真剣に涙+睡眠不足)。


↓ ぽちっ、とお願いします (ブログランキング参加中です)




コメント

  1. お久しぶりです。

    猫ちゃん可愛いですよね~。
    夜中に起こされない為に、水を水入れにいれて、決まった場所に置いておけばいいんじゃないですか。

    ウチはそうしてます。
    何か特別な事情があるんですかねw

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。
      gG は時間がたった水は口にしないんですよ...。
      なので、新しい水を要求するわけでした。
      おまけに、人がコップ (コップからしか飲まない...) を手で掲げて飲ませないと飲まなかったり。特に夜は、床にコップを置いて寝床に戻ると、それを無視して私の横に来て飲ませてコールをするのでした。何度か gG を抱えて床の水を飲むように鍛えようとしたのですが、年齢のせいか無理でした。(ぐすん)
      というわけで、gG の勝利。敗北した私です (^^;

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?