インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ちょっと前に英語のほうのブログには書きましたが、
お手伝いさんのメリーに作り方を教わってからというもの、
旦那も私も超お気に入りでして、
こちらでもご紹介させていただきたいと思います。

ビリヤーニとは、いわゆる炊き込みご飯です。
日本ではあまり聞かない料理ですが、
こちらではとってもポピュラーな料理のひとつです。
炊き込みご飯というと日本でも地方性が出ますが、
こちらインドでもかなりの種類が存在するようです。
英語の綴り方までさまざまです。

私が教わったのは多分このあたりの
一般家庭で作るバージョン。
結構手軽ですし、日本で揃う食材でできるので、
是非一度試してみてください。

用意するもの (2~3人前)
バスマティライス 1カップ
鶏肉(モモ肉でもムネ肉お好きなほうを) 200gほど
プレーンヨーグルト (大きなのを1つ)
玉ねぎ (大きなのを1つ)
トマト (大きなのを1つ)
しょうが (少々)
にんにく (少々)
パクチー(少々)
グリーンペッパー (3本ほど) ※辛いの苦手な人は省略
ミント(少々) ※なくても結構
香辛料:
ターメリック (パウダーでも結構)
    カルダモン (パウダーでも結構)
八角
    クローブ
    シナモン (パウダーでも結構) ※省略可

※ちなみに、こちらではしょうがとにんにくを
すり混ぜたジンジャーガーリックペーストというのが
あり、それを使います。

仕込み:
A: 鶏肉
食べやすい大きさに切り、少々の塩で揉む。それらを
ボウルに鶏肉を入れ、適量のヨーグルトと、ターメリック
少々を入れ、30分ほどマリネートする。

B: バスマティライス
水で洗ったら、20分ほど水につけておく。その後ザルに
上げ、しっかり水を切っておく。

C: 野菜
玉ねぎはくし形切りに、トマトは小さ目に、
しょうがとにんにくはみじん切りにカット。
グリーンペッパー、パクチー、ミントは
適当な大きさにカットする。

クッキング~:
1. 大きな鍋を火にかけ、熱くなったら底が隠れる
ぐらいにオイルを入れる。
2. 香辛料 (上記一式) を鍋に投入。
3. よい香りが出てきたら、玉ねぎを投入。焦げない
ように、しきりにかき回す。
4. 玉ねぎがしんなりしてちょっと茶色くなったら (5分
後ぐらいでしょーか)、次にしょうが、にんにく、
パクチー、トマト、グリーンペッパーを投入。全体が
しんなりして、トマトソースのようになるまでかき回す
(5分ぐらいでしょうか)。

5. 次に、マリネートした鶏肉をヨーグルトさらそのまま
鍋に投入。水1/2カップを入れ、蓋をしたら、15分
ほど煮込む。その間に2カップ分の水を沸かす。
6. 水を切ったバスマティライスを鍋に投入。よくかき回す。
鍋の中の水分がちょうど2カップになるよう、足りない
分量の湯 (沸騰した水) を注ぎ足す。ミントを入れ、
適量の塩を入れる (お好みに応じて量は決めてください)。


7. よくかき混ぜたら、火を強め沸騰させる。沸騰したら、
いったん弱火にし、鍋に蓋をし、そのまま 8 分ほど炊き込む。
8. 火を消し、蓋をしたまま15分ほど蒸らす。
出来上がり~~~。
※ちなみに、豆類を入れてもとってもおしいです。

ビリヤーニに合うのがライタというヨーグルトベースのサラダです。
これもメリーに教えてもらったのですが、みじん切りにした
玉ねぎ、トマト、グリーンペッパー、ミント、パクチーを
たっぷり目のヨーグルトと混ぜて、塩こしょうした簡単なサラダです。
ビリヤーニを作る前にこちらを用意して、冷蔵庫で少々寝かすと
味がしっとりしておいしくいただけます。付け合せとしてどうぞ。




↓ ぽちっ、とお願いします (ブログランキング参加中)
よろしければポチっとお願いいたします↙

コメント

  1. どうも初めまして。たろうです。
    今バンガロールでインターンシップをさせてもらっています。

    ビリヤニ美味しいですよね!私はインド料理の中で一番好きです。
    ご紹介しているには、生米から炊き込む南インドのビリヤニですね!
    ちなみに私は、日本ビリヤニ協会所属です笑

    バンガロールに来てまだ1ヶ月なのですが、食べ歩きのブログをやっているのでよかったら見てください。

    「インドを喰らえ!!」
    http://food.sivance.jp/

    おススメのレストランなども、教えてもらえるとありがたいです。

    参考までに
    日本ビリヤニ協会
    http://www.facebook.com/biriyani

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

ジャガリーでヘルシーな甘み

自然のエナジードリンク! サトウキビ~