治りました!

皆さん、ご心配をいただき、ありがとうございましたm(__)m。

昨日起きたらまだ胃のあたりがぷっくりしていましたが、
痛みは治まっていたので出勤。
未だかつて見たことがないほど真っ白になっていた舌も
ピンク色に戻っておりました。
舌診というのがあるけれど、舌って語るんだなぁ、って関心。

さて、会社の女性たちと原因究明の話をしていて思い出したのが、
1週間ちょっと前から横にならないと耐えられないほどの
偏頭痛と倦怠感はあったんですよね。
で、前からちょっと気になっていたことを彼女たちにぽろっと
もらしてみたら、声をそろえて「それだぁー!!」と。
原因はどうやらそれにあったのかもしれません。

実は日本から戻ったその週末に、
この家の近くを散策していて、とっても珍しい
カスタードアップルという果物を見つけ買ったのでした。
店のおじさんが3つ選んで袋に入れてくれたのでしたが、
帰って見てみたら1つは上部に割れ目が入っている。
未だ食べたことのないフルーツだったので、
割れたのからちょっといただこう、と
それを2つに割っていただいたわけでした。
次の日もうひとつを食べたらちょっと味が違うなぁ、と....。
でも、あまり考えずに過ごした私でした(基本的に能天気....*_*;)。
で、よーくよく考えてみると、
確かにその週明けから倦怠感が出て、偏頭痛がし出したんですよね。

彼女たちいわく、割れたフルーツは絶対に口にしてはいけない。
店員が選ぼうとしたら断って自分で選ぶこと。
彼女たちでも、マンゴなどを食べ過ぎるときてしまうんだそーです。
ましてや免疫がもっぱら弱い日本人の私。
ばい菌+ウィルスちゃんたちも、よいお宿が見つかったと大喜びだったでしょう。

ちなみに、このあたりには、Parthenium という
有害なプラントが繁殖するらしく、
特にモンスーンシーズンの今は風も強い日があり、
それの花粉などが割れたフルーツなどに入り込むことも
あるのだそーです。
というわけで、野菜にしろ、フルーツにしろ、
割れたものは絶対に食べちゃーいけない!ということだそうです。
まあ、私もフツーなら 食べないのですが、
珍しい果物で、周りが甲羅みたいになっていて
割れやすかったので、まあこんなものだろーなんて
考えちゃったんですね。。。後悔先に立たず。

しばらくカスタードアップルちゃんとは縁切り(!!)です。

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?