初のフレッシュ(?)マンゴージュース

5月はフレッシュマンゴージュースが
とってもおいしい月、と聞いていて、
6月になる前に飲まなきゃー、と
秒読み状態になった最近ちょいと焦っていたわけでした。

昨日、バブー君の運転で旦那と3人でホテルに帰る途中、
突然バブー君に「マンゴージュースが売っているところに
寄ってもらえるかなぁ」とお願いしたところ、
小さな店だけど、ちょうどこの先にある、とのこと。
停まってもらいました。

カウンターのガラスケースの表面に
百匹近いハエたちが群がっていて、
一瞬引いてしまった私......でも、
ここで引き下がっては意地と度胸が廃る!
と、がんばって注文することに。

愛嬌たっぷりの店員さん、
そそくさとブレンダーでマンゴージュースを作ってくれました。
30ルーピとちょいと高めだったけれど、まあこんなもんなんでしょー。

車に戻って旦那に「飲んでみる?」と聞いたら、
「目の前でマンゴー切ってから入れてた?」と聞き返してくる。
うーーーん、覚えてない。ハエ君たちのことを無視するのに
精一杯で目の前でブレンダーが回っていたことは覚えているけど、
それ以外は記憶になし。
「切って置いてあるマンゴーだと、ハエがたかっていた可能性が
高いから飲まない方がいいって」と。。。
な、なんで、それを買いに行く前に言ってくれなんだか........(@@;)。

でも、飲みたかったからズズズっとすすってみる。
おいしい!!!
「すっごくおいしいよ」と言うと、
「じゃーちょっといただくよ」と旦那もすする。
うまいねーと言いながらどんどんすする。
あのーーー衛生的じゃなかったんじゃない?
「表面にハエがとまっていたかもしれないところだけ
すすってあげるよ」
はぁ.................
結局二人で仲良く分けて初のフレッシュ(?)マンゴージュースを
いただいたわけでした。

#お腹壊すかな、と半ば期待してたけど(^^)、大丈夫でした♪


↓ ぽちっ、とお願いします (ブログランキング参加中)

コメント

このブログの人気の投稿

インドの炊き込みご飯:ビリヤーニ

ジャガリーでヘルシーな甘み

多くのインド人は苗字を持たない?