投稿

ヨガブランケットの使用例 (その1)

イメージ
ヨガブランケットってどうやって使うのかしら、という方へ (^o^)/

さまざまな使い方がありますが、まだヨガを始めて間もない方々のために
毎日行ってよいポーズを2つご紹介します。今日はひとつめ。

これは、肋骨を広げ、お腹と背骨の両方を伸ばし、背骨のナチュラルなカーブを
キープできるよう柔軟性を持たせます。骨盤の歪みの補正、内臓の活性化、
甲状腺機能の改善、また喘息などにも効きます。
※かなりプロポーションの悪い殴り描きとなりましたがお許しを (^o^;;


上の絵のように、ブランケットをご自分に合った高さに折りたたみます。
その上に自分の上体を横たわらせます。このとき、お尻は床についた状態にします。
肩は最初は床につかないかもしれませんが、徐々についてきます。

大事なのはお尻を床から離さないことです。ヴァギナまたは肛門を中に押し上げる
ように締め付け、鼠蹊部から下腹部の筋肉を固めることで、お尻を床に押しつけます。
手は横に広げ、上体はブランケットの上でリラックスさせます。

この状態で2分ほど。

その後、足をゆっくり伸ばします。両足と両ひざはつけた状態で伸ばします。
伸ばしたら、足の力を抜いてリラックスします。

この状態でまた2分ほど。

その後、今度は先ほどのように膝を立て、両ひざを左右に開きます。両足の裏は
ついた状態にします。膝が床につかずに辛い場合は、膝の下にブロックなどを
おいてください。

この状態でまた2~3分。

起き上がる際はゆっくり両ひざを立て、足をお尻から少々離したら、肘をブランケット
の上に置いて、腹筋と肘を使ってまっすぐ起き上がってください。ゆっくりと。
馴れてきたら各ポーズをもう少し長めにキープしてみてください。

Happy Yoga!



よろしければポチっとお願いいたします↙



★「インドの森」★

「インドの森」ではカーディ綿100%のヨガブランケットも販売しています。ヨガパンツは来週入荷予定です!





ココナッツオイルとターメリックで顔パック

イメージ
前回の投稿でしわ退治にごきぶり退治のバルサンのごとくに使ったココナッツオイルと
ターメリックについてちらっと書きましたが、詳細です (^o^)。

実は昨日まで日本に1年半ぶりの帰国をしていました。1年半ぶりの日本。
「帰国」という概念が当てはまるかどうかは別として、久しぶりに会った友人たちに
めたのがアムラとこれ ↓。

エクストラバージンココナッツオイルとターメリックをまぜまぜして作るフェイスパック
です。


作り方は簡単。
小さな器にエクストラバージンココナッツオイルを大さじ1/2杯ほど入れます。
気温が低くて固まってしまっている場合は、熱心に練って液状にしてくださいね。
そこにひとつまみの真っ黄色のターメリックパウダーを混ぜます。
指でごちょごちょ混ぜたら、指数本を使ってお顔に塗りまくります。
お好きなマッサージを5分ほど行ってください。

★ご注意事項:
- 目の周りにつけると、目にオイルが入ってしまうので避けた方がよいでしょう。
- 肌の表皮は薄いので、ごしごしこすらないことです。赤ちゃんの肌を撫でるよう
な感じでマッサージしてくださいね。
- ターメリックの量が多いと黄色が残る可能性は大です(やったことないけど ^o^;)。
お気をつけてください。

その後10分ほどその状態で (寒い時期はもう少し長くてもOK)。
※お顔がちょっぴり黄色くなるけれど、ひかないように (^o^;;
10分ほど経ったら、オーガニックな石けんと水で洗い流します。
※寒いときはもう少し長めにおいても大丈夫ですよ。

洗い流した後のお肌はしっとり。白っぽいお顔が登場! ※黄色かったから白く見える、というのも確か (^o^;;

お疲れのときは試してみてください。
このほか、絞ったレモン汁やはちみつを入れるのもOKです~!


ちなみに、このパック中に私の顔を見てしまった(;゚Д゚)旦那さん。
"Looks like you have some kind of disease" ですって (爆笑)。



よろしければポチっとお願いいたします↙



★「インドの森」★

アムラの即効力を感じていただける方も多くいます。
是非一度お試しください。






ストレスで老け顔

イメージ
さーて、この1か月ほど、かなりいろいろなことが続きました。
あまりストレスは貯めない方ですが、除去する暇すら与えてもらえず
後から後から押し寄せるさまざまなことにこの私もぷちり。

入居以来のぱらぱらシャワーを直すためにパンプ用モーターを変える

上階のエアコンの外部ユニットから銅管が盗まれていることを発覚 🔥

エアコン会社に来てもらい修理を頼むが、次々に新たな部品が必要になる 😿

同時にシャワー用モーターから出ている給水管から水が漏れる 😱

その翌日、モーターが壊れる 😞

修理人を呼ぶが直せない。3週間かかるとのこと。

そうこうしているうちに、今度は階下のエアコンから冷気が出なくなる 😱

3週間後に上階のエアコンは復旧不可能という結果が出る 😿

と思いきや、階下のエアコンが今度は完全に壊れる 😿

修復に1週間

上記の期間メイドさんのおじさん2人が次々と亡くなり、メイドさんお休みだらけ 😿

妙な虫に足を10か所ほど刺された上に、屋上のエアコン修理の監視で足が真っ赤に
日焼け。蚊に刺された後が悪化。また、身体に湿疹が出て、夜は猛暑で眠れず、
不眠4日。ふらふら状態 💀

そんなときに限り、今度は私の運営するオンラインショップにバグ発覚。
私のせいではなく、プラットフォーム側の変更のせい。かーーーっ🔥
お客様にご迷惑をお’かけてしまいました。すみません m(__)m
このエラー報告に数時間を割くことに、、、😿

エアコンを買いにいく。同日配達。翌日インストールを確約 👌

翌日約束時間を3時間超えてもインストールの方が来ない。友人ブチ切れ。🔥
エアコンをタクシーに乗せてショップに戻る  😞

返金は夕方まで無理とのことでまたエアコンをタクシーに乗せ家に戻る
寝てないので疲労困憊 💀

別のショップでエアコン購入。これはラッキーにも翌日インストール終了 😃

と思いきや上階のバスルーム2つのシンクが漏れる 😿

修理人を呼んでこれまたラッキーにもその日に直る! 奇跡だ~! 😃

オンラインプラットフォームのバグも修正 😃


と1か月が過ぎた後の私の顔は、10歳ほど老けた感じでした。
ストレスは大敵です。

目の下にしわがたーーーくさん (これには自分でも驚いてたじたじに)。
あまり…

人それぞれのヨガ

イメージ
Bodily Mind というコミュニティを作りヨガクラスを開催しだしてから
早くも3年半が経ちました。この間、先生には「観察していなさい」と言われ、
ヨガクラスのアシスタント(?)的なこともさせていただいてきました (弟子で終わり
そうですが... ^o^;;)。
いろいろな方に来ていただき、いろいろな方の体調や体質に触れ、その観察を
通して分かってきたことは、人それぞれに筋肉の強弱や柔軟性の個所や性質が違い、
最大公約数でのグループヨガがいかに難しいか、ということです。

そして、チェタン先生の素晴らしいところは、その最大公約数を見極め、クリエイ
ティブなヨガプログラムを即座に作りクラスを進めてくれるところです。

実は、とある方から「柔軟性はあきらめたほうがいいですね」と言われたことが ありました。
(。´・ω・)ん?
多分腰の歪みを察知してそうおっしゃったのだと思うのですが、実は、私、
足を前に出して座って前屈するのは、ふにゃふにゃぐらいに柔らかいのです。
開脚すると、まだ開脚180度はできませんが、160度ほどなら床にペタンと。
それ以上脚を開くと膝とつま先が内側に倒れ、膝が上がり気味になり、
前屈すると背中が丸まります。

が、バッダコナアーサナ(両足の平を合わせて胡坐をかく姿勢)で前屈しろ、
と言われると、左膝だけが床から20度ぐらいの角度でストップ(右は大丈夫)、
背中がかなーり曲がりたがります。
クラスにいらっしゃっていただいている生徒さんたちを観察していると、 私のような方もいますし、一方、胡坐をかくと前屈すると床にぺたーんと平った くなるのに、いざ足を前に出して前屈しましょうとなると45度ぐらいで固まって しまう方もいます。こういう方は開脚しての前屈も無理な場合が多いです。

※殴り書きのイラストですみません (^o^;;





背中の柔軟性で言えば、下部分が柔軟なのに、肩甲骨部分が硬い方、あるいは 肩甲骨部分は柔軟なのに、腰周りが硬い方 (私がこの例) がいます。
なので、ブリッジポーズをすると、前者は左、後者は真ん中、両方柔軟な方は右、 という結果となります。


ここ数年の私のヨガは、怪我との闘いでしたが、今は右腕首の腱鞘炎以外は すべてヨガにて完治。坐骨神経痛もなし、左肩の痛みもなし、となりました!
ありがとーチェタン先生!!

そこで最近は、以下の弱み…

インド式の掛け算

イメージ
とあるサイトで見たインド式の掛け算をご紹介します。
日本式よりも楽しく二けた掛け算ができちゃいますねー♡

まずはこんな風にマスを描く。

例えば、28x53を計算したいとする。こうやって数字を描く。

それぞれの行と列を掛け合わせてマスに数字を入れていく。
掛け算の結果が1けたであれば、上側のますは0を入れる。


斜め横にこんな風に線を伸ばす。




斜めのます内の数を足し合わす。




これで答えが完成~~!
試してみてください (^o^)/





よろしければポチっとお願いいたします↙

さとうきびジューサー

イメージ
以前にも書いたさとうきびジュースですが、
露店ではこういう機械を使って絞るんですよー、というのをお知らせしたくて
日本の皆さま向けに写真を公開いたします。






あくまでも余談 : 何故さとうきびジュースが必要だったか。
壊れたエアコンを新しく変えるため、昨日 LG ショップで新しいエアコンを購入。
購入条件として本日10時に必ず作業員を送ってもらうことを確約。5回ほど念を押す。
(これは作業員が英語が喋れないので、忙しい友人が空いている時間に来てもらう
必要があったため)
本日10時、音沙汰なし
これは当たり前だが、確約後だったので友人が電話する
店員「作業員に電話するので5分待ってください」
店員から電話「作業員の電話がつながらないので、新しい作業員を手配します。
また連絡します」
11時連絡が入る「2時間後に新しい作業員を必ず派遣します」
インド6年近くの私も友人もそーなのねー、で終わる。
12時友人が一応電話する「1時までに確実に派遣してくださいね」
12時20分に店員が作業員とカンファレンスコールで「あと30分後に必ず行きます」
12時50分音沙汰なし
1時に店員から作業員をカンファレンスコールに呼び込み、
店員は「作業員は今〇〇にいるので、あと5分でつきます」
一方作業員は「いやいや、今XXにいるので、あと30分かかります」
友人爆発~~~💣
「確約した時間を3時間以上オーバーしたうえにウソをつくのは許せない。
今からエアコンを戻しに行くので返金額を用意してくれ」
と今まで見たことのない怒鳴り方。
おーー、やるな友人(・_・D フムフム

というわけで、主人はカンファコールがあるから、ということで、友人と
二人で突如 Uber を雇いエアコンをえっさこらと車にのせ、LG ショップへとレッツゴー。
当の店員はいなかったが店内の店員さんたちが輪をなすように私たちを囲む。
(ちなみに、これはよくインドで見る光景です)
店員たちは「今からインストールするから」とお願いする。
がんと譲らない友人。
30分のわけのわからない会話の末、エアコンを持ち帰り夕刻6時に返金額の
チェックを待つことに。
またえっさこらとエアコンを Uber に乗せ帰宅。
(主人は暑いベッドルームでお昼寝してました。。。( ゚Д゚)... )

眠れない夜が3晩続いていた私は、ふらふら状態。
が、ここは…

インドの国歌「ジャナ・ガナ・マナ」

イメージ
昨年11月30日のインド最高裁の判決により、映画館では上映が始まる前に
スクリーン上に国旗を映すと同時に国歌を流して、その間観客は全員起立する
ことが義務付けられたことはご存じかもしれません。

そう、映画館に行くと必ずこれなんです。私も一応敬意を払って起立します。

この判決の良しあしは別として、インド国歌の何とも明るいこと。

日本の「君が代」と正反対。

こういうところでも文化の差が際立っておりました。

ちなみに、「君が代」の解釈が人それぞれに違うのはご存じのとおりですが、
インド人の10人に9人がインド国歌の内容を理解していない、と聞いたことが
あります。

インド国歌「ジャナ・ガナ・マナ(jana gana mana)」(日本語に訳すと「インドの朝」)は、
アジア人として初めてノーベル文学賞を受賞したベンガル人の詩人兼思想家の
ラヴィーンドラナート・タゴールが作詞・作曲したもの。

タゴールが書いたオリジナルの詩は、ベンガル語で書かれており、1番から5番まである
そう。このうちの1番目のみが 国歌として歌われているようです。

つまり、ヒンディ語で書かれていない、という点で、インド人の多くがその意味を
理解していないようです。1950年1月24日に、インドの憲法制定議会によって正式に
インドの国歌として採用されたこの明るい国歌。

お聴きになってみてください。何となく明るくなります (^o^)




英語訳と日本語訳を見つけたので貼っておきます。
Thou art the rulers of the minds
of all people,
dispenser of India's destiny.
Thy name rouses1the hearts of Punjab,
Sind, Gujarat and Maratha,
Of the Dravida and Orissa and Bengal;

汝はすべての民の心の支配者
インドの運命を定める者

ドラビダ・ウトカラ・ベンガル地方の
パンジャブ国、シンジャブ国、グジャラート国
そしてマハラー国の民の心は、
汝の名によって目覚める

It echoes in the hills of the Vindhyas
and Himalayas,
mingles in the music of Yamuna
and Gan…